特色2:工學、蕓術、社會など広範な領域を総合して建築を學ぶ

建築學を工學の一分野としてのみ捉えるのではなく、蕓術や社會の視點を踏まえた多彩で幅広い學問領域として學ぶことに重點を置いたカリキュラムを用意。総合的な技術として建築學を修得し、建築とその周辺分野の素養を持った人材を求める社會のニーズに応えます。

特色3:一級建築士の資格取得をサポートするカリキュラム設定

一級建築士を受験する際に求められる要件として、修得が必須とされる指定科目のほとんどが1?2年次の必修科目に含まれます。その実績として超難関の國家試験といわれる一級建築士の資格試験に、毎年、全國上位の人數の合格者を輩出しています。2018年度は全國9位にランクインしました。

特色4:建築の多彩な分野を網羅する充実した教員陣

構造や設計、都市?建築デザイン、環境、インテリア、安全、福祉などさまざまな分野の、國內外で活躍する多彩な教員が揃っています。豊富な実例を背景に、最新事情を學んだり、いま起きている課題にも実踐的に取り組める環境です。また教員の多様性を生かして共同プロジェクトにかかわるなど、學科を越えた橫斷的な取り組みも行われています。


特色5:建築學への世界的な視野を広げるハイブリッド留學?

3年次後期に約14週間、イギリス?カンタベリーの地で実施される建築學部のハイブリッド留學®。海外での生活を通して國際感覚を養い、現地の學生との交流、各地の建築物の見學など、貴重な體験をすることができます。


建築學部をもっと知る

建築學部

免费人成在线播放视频